部屋とYシャツと骨董と私

骨董を扱う骨董商というのは

骨董商というのがありますから、それをよく覚えておくことです。上手く骨董を売ることができるのであれば、それなりに高い値段で買ってくれることはいくらでもありますから、ゆっくりと探すとよいです。もちろん、骨董を自分が買う側になる、ということもできますが、買う時にはかなり注意したほうが良いです。あくまで信用できるところから買うべきであるといえます。何しろ、高額なものが多いですから、かなり信用できる骨董商から買うべきなのです。骨董商というのは古物商になりますから、そこはよく理解しておくべきです。つまりは、買値と売値に物凄く乖離がありますから、そこは甘受するべきです。そもそも商売というものはそうしたものですし、更に言えば、骨董というのはそうした側面がある世界なのです。言うまでもありませんが、それなりに相場の上下があるものですから、売る時期、買う時期はよく考えないと駄目であるといえますから、注意が必要になります。