部屋とYシャツと骨董と私

骨董品を鑑定してもらうには

例えば、押入れの中から何やら価値のありそうな骨董品が出てきた。でも自分では価値があるものなのかどうか判断できず、売るのをためらっている。このような時には、どのような価値があるか見てもらうことができます。 骨董品の鑑定は、誰もができるわけではありません。「美術鑑定士」という資格がいり、幅広い知識と物の価値を見極める審美眼が必要です。この鑑定士は、そう簡単になれるものではなく、長い下積み期間と経験を積んで、やっとのことで物の鑑定ができるようになります。しかしながら、全ての鑑定士が同じように、物の価値をみいだしてくれるとは限らず、鑑定結果にバラつきがあるのが実情です。低い値段しかつかなかったが、他の所で見てもらったら高い値段がついた、そんなこともありえます。 大切にしていた骨董品には、正しい価値をつけてほしいものです。そのためには、昔からあるようなお店で、経験豊富な信頼あるお店を選ぶと良いでしょう。